サイトマップ

追記。

僕は中学生の頃から
見た目にコンプレックスがあり
人の目を見て話すことが大の苦手でした。

そのせいで
年齢が上がるごとに新しい人付き合いを
嫌うようになりました。

中でも苦手だったのは女の子との会話です。
顔が真っ赤になって
ろれつが回らなくなってしまいました。

今はネットを通して
彼女ができるようになり
自信が付き挑戦的な人生をおくれています。

僕が変わったのは本質的な会話スキルに
出会ったからです。

なので、本質的な会話スキルを
磨くことで、

彼女が出来る可能性は
十分にあると思っています。

この記事では
人の目を見て話せなかった僕が
どのようにして今にいたるかが分かります。

→タクのプロフィール。コンプレックスだらけの僕が恋愛をして人生を充実させた物語。