EカップのOLとデートに行ってきた。マッチングアプリ体験談

どうもタクです。

 

今日は体験談ということで、1月9日にデートに行ってきましたのでその体験談を書いていこうかなと思います。

簡単に現在の僕のステータスは

・無職で就活中
・フツメン
→彼女以外の女性から一度もかっこいいと言われたことがない
→顔を見せてと言われて顔を見せると今のところ100%音信不通に
・アプリでは顔出しなしにして出会いを作っています
・身長170cm

という感じです。

なので、ステータスとか見た目に自信がない人でもかなり参考になると思いますのでぜひ読んでみてください。

その日は、ある女性と18時からデートが決まっていました。

なので、当日支度をして、いざ出ようと思っているときに

ちらっとアプリの画面を見たわけです。

そしたら、その女性がアプリの画面から消えていていました。

ドタキャンされた〜最悪だ〜

マッチングアプリにはマッチ解除というものがあるので解除されていました。

なので、別でやりとりをしていた人に連絡を入れました。

でこんな感じでデートを約束しました。

待ち合わせ場所に行くと、スタイルが良く全身黒コーデの可愛い女性が立っていました。

最高やああああああああ

と思いながら、声をかけてそのまま近くの生パスタ専門店へ。

お店までの道中は、メッセージでやりとりをしていた内容の話をしました。

相手の女性は、僕が誘うまで家でゴロゴロしていたと言っていたので

家でゴロゴロして何やってたの?

ネットフリックスとか観てた

ご飯とか食べたの?

今日ナッツしか食べてないw

え?!w やばくね?!w

あ!でもナッツ食べてれば痩せるしいいよね!

そうなの!w
ダイエット頑張ってるの!

おー!えらいじゃん!

今日夜何食べる予定だったの?

何も決めてなかったw

俺誘わなかったらご飯食べれなかったじゃんw
俺に感謝した方がいいよ!w

ありがとうございます!w

みたいな感じで、
5分くらい話しながら店まで行きました。

席はカウンター横並びで、照明が少し暗くて良い感じの雰囲気の場所を選びました。

仕事の話
・悩みの深掘り
・人事の仕事をしていて就活生に現実を突きつけるのがキツかったから転職した
・社会のレールに乗っているより色々なことやっている方がいいよね

好きなアニメの話
・ブルーロック
・チェンソーマン

僕は、ブルーロックが全くわからなかったのでブルーロックを抽象的にして異次元スポーツ漫画という話題にすり替えて、

ブルーロックって、テニスの王子様とか、イナズマイレブンみたいな感じでしょ?笑

そう!!www

まじであれサッカーじゃなくて戦闘だよねw

まじでそれ!!!wwww

そこから、チェンソーマンの話題になり、お互い知っている漫画だったため話しがさらに弾みテンションが上がる。

パスタ屋で1時間ほど話をして盛り上がったタイミングで店を出ます。

これは、女性にまた「名残惜しい」「話し足りない」「一緒にいたい」と感じてもらうためです。

お会計の4000円を払い店を出ます。

「飲み行く?」

「いいよ!」

で2軒目の大衆居酒屋へ。

もう1軒目である程度信頼構築はできていたので、2軒目ではひたすら恋愛トークと性的な話をしていきます。

これは、女性に自分と行為をしている姿を想像させるためです。

人は、想像できないことに恐怖を感じるので
僕がここで行為を想像させなければ手を繋いだり、家に誘った時に「そんなふうに見てなかった」と言われてしまいます。

・アプリで会ったやばい人トーク

実際に行ったら、まったく違う人で1軒目ですぐ帰ったなど

自分も同じような経験があったので、そのエピソードを話してさらに共感してもらう。

・恋愛トーク

高校時代の恋愛の話

→公園デート、図書館デート、足湯デート、展望台など

うわ〜そういうのめちゃくちゃいいよね〜
→僕は高校時代にデートをしたことがないので、ひたすら感想を言っていました。

・香水と話
・家族の話
・性の話、恋愛像の話

エッチをしてから付き合った方がいいよねという価値観の共有。

俺前回、付き合おうと思った人がいてさ
その人がまじで入れても何も感じなくて、それ以降、付き合う前に行為をするのは必須だって思ったんだよね。

だって、付き合って何も感じないのって最悪じゃん?

わかる!私も元カレがめちゃくちゃちっちゃくてそれ以降、絶対に付き合う前にエッチした方がいいって思ったもん!w

その後、どうなったの?連絡しなくなっちゃった。笑

みたいな話をしてから

女性の方からLINE交換しよ〜と言われ、LINEを交換しました。

2軒目は女性に奢ってもらい家に向かいます。

家に向かう道中に手を繋ぎ、そのまま家に。

ですが、相手の女性が「今日は無理!!」と結構強めに言われたので
家まで送ってもらいその日は解散しました。

家着いたら連絡してねと言い手を振りました。

その後、2回目のデートの約束をして別れました。

アプリでは、1回目のデートで行為をしないといけないと言われていますが
正直、関係構築スキルさえあれば余裕に2回目のデートも3回目のデートも来てくれるので相手の立場になって適切なタイミングで誘うのが大切です。

強引に誘ったら犯罪になってしまいますからね。

2日目のデートはこちらから。

EカップのOLと2回目のデートに行ってきた。マッチングアプリ体験談


【追伸】

僕は、
20歳まで童貞でした。


高校生までは、
童貞であることを
不安に感じることはありませんでしたが、


大学生になり、
周りの友達や同級生がどんどん童貞を
卒業していくにつれて焦りがふつふつと湧いて来ました。


・居酒屋に行って恋愛話を振られるのが怖い
・一生孤独を想像すると不安
・社会人はもっと出会いがないかもしれない
・街中やSNSでカップルをみただけで、劣等感を感じ自信がなくなる
・イベントごとは家から出たくない


こういう不安が一生続くと思うと、

「嫌だ」


この一択でした。


そこで、
人間心理を学び、ネット上に
出会いを作って、
恋愛の不安から完全に解放された
いつでも彼女を作れる環境を作ろうとしたのです。


メルマガでは、


・フツメンでも勝てる恋愛戦略とは
・モテる側になる方法
・月100人と出会いを作る世界の作り方
・人を動かす人間心理


など、


ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。


ぜひ

タク公式メールマガジン