彼女と趣味のサッカー観戦したら楽しすぎた

 

こんにちは、タクです。

 

僕は、大学生のころから
ドルトムントというサッカーチームが好きで
毎試合リアルタイムで観ていたりします。

 

ドイツのチームなんで、
放送する時間が深夜とか夜中なんですよね笑

 

でも、大好きすぎるから
目覚ましを5分おきにセットして、
万全の状態で起きます。

 

まじで、深夜の時間帯の目覚ましの履歴が
ズラーーーっと渋滞しています。笑

 

そんなチームが大学生のころから好きで
童貞だった頃から
いつか彼女と一緒に観てぇなと思っていました。

 

というのも僕は、サッカー専用のアカウントがあって
ときどきタイムラインに「彼女と一緒に応援!」みたいな
ツイートする人がいるんすよね。

 

そういう人を見てると
俺も一緒に観てええええええええと思うことが
少なくなかったです。

 

そして、24歳で
初めて彼女と一緒にドルトムントの試合を
観ることができました!祝

 

なんか充実感がえぐかったです。笑

 

1人で試合を観るだけでも
めちゃくちゃ楽しいじゃないですか?

 

一緒に観たらその楽しさが3倍くらいになります。

 

ガチです。

 

ビールを飲みながら、
横に座って彼女と話すわけです。

 

ゴールのと決まったときなんかは
「うわーーーーーーーーーー!入ったーーーー!」と
笑い合ったり、

 

なんか一緒に喜んでくれる人が
いるってすげー心地よかったです。

 

あとは、
選手紹介のときなんですけど

彼女「この人の髪型かわいい!アフロだ!」

タク「ね!アフロいいよね笑」

タク「それヴィツェルって選手だよ!」

彼女「ヴィチェル?」

タク「ツェ!笑」

彼女「ヴィチェル?笑 言えない笑」

 

みたいな感じで
なぜか彼女は「ツェ」が言えないっていう。笑

 

ツェ難しいよね。うん。笑

 

なんかそういう他愛もない会話すら
楽しかったりします。

 

その試合も無事に勝って
嬉しかったし楽しかったしで、
なんとも言えない感情でした。

 

そんな感じで、
彼女と一緒に彼女を観るという夢が叶って
よかったです。

 

夢は大げさすぎか笑

 

こういう経験をして思うのが

 

人生って趣味を共有できる相手がいるだけで
すげー楽しくなると思うんですよね。

 

例えば、友達に
この漫画おもしろいよと勧めて
次会ったときにおすすめしてた漫画読んだけど
すげー面白かったよ!

 

と言われたらすげー嬉しいじゃないですか?

 

僕だったら「ドルトムントの試合観てみたけど
すげー面白かったよ!」
って言ってもらえたらちょー嬉しいです。

 

というように
自分の趣味とか好きなことを一緒にできるって
かなり楽しい経験だと思うんですよね。

 

ましてや自分が好きな人ですよ。
想像するだけでニヤけますよね。

 

それに、彼女という存在は
自分に一番興味を持ってくれている存在なので
自分がおすすめしたりすると
めちゃくちゃ興味持ってくれます。

 

それとどうじに
逆に彼女の価値観や趣味にふれて
新しい世界観を知ることができるのもめっちゃ楽しいです。

 

むかしの僕は、
価値観を共有できるのが数人の男友達しかいなかったんで、
一緒にいると楽しいけど
新鮮味は無かったんですよね。

 

集まると、
やることっていうのは決まっていて、
スマブラをするか遊戯王をするかみたいな。

 

それもすげー楽しいんですけど、
やっぱ新しい価値観にふれたときの楽しさってあります。

 

新作のゲームが出たときって
なにもかもが新しくて
自分の知らなかった世界を知れて楽しいみたいなあの感じ。

 

彼女ができたことで、
日常からそういった種類の新鮮な価値観に
触れることができるようになりました。

 

例えば、むかしは
美術館というものにまったくと言っていいほど
興味がありませんでした。

 

モネってだれ?レベル。

 

それでも、彼女が美術館が好きで、
一緒に行ってみたら

 

あれ?なんか楽しいぞと。

 

1つ1つの絵に意味があって
その意味を知った上で見てみると
印象がガラリと変わったりします。

 

最近行ったバンクシー展とか
すげーよかったです。

 

あとは、
スパイファミリーという漫画も知れたし
呪術廻戦も彼女に教えてもらったし、
韓国料理が美味しさとか
イベントの楽しさとか
あとはファッションの楽しさも彼女に教えてもらいました。

 

スパイファミリーちょー面白いんでおすすめです。

 

だからこそ、
彼女がいると人生
めーーーちゃ楽しくなるんですよね。

 

自分の好きなことを共有してもらえるし、
自分の知らない世界を見ることができます。

 

そんな感じでこういった自分の知らない経験を少しでも
増やせるような体験をしていきたいな〜。


【追伸】

僕は、
20歳まで童貞でした。


高校生までは、
童貞であることを
不安に感じることはありませんでしたが、


大学生になり、
周りの友達や同級生がどんどん童貞を
卒業していくにつれて焦りがふつふつと湧いて来ました。


・居酒屋に行って恋愛話を振られるのが怖い
・一生孤独を想像すると不安
・社会人はもっと出会いがないかもしれない
・街中やSNSでカップルをみただけで、劣等感を感じ自信がなくなる
・イベントごとは家から出たくない


こういう不安が一生続くと思うと、

「嫌だ」


この一択でした。


そこで、
人間心理を学び、ネット上に
出会いを作って、
恋愛の不安から完全に解放された
いつでも彼女を作れる環境を作ろうとしたのです。


メルマガでは、


・フツメンでも勝てる恋愛戦略とは
・モテる側になる方法
・月100人と出会いを作る世界の作り方
・人を動かす人間心理


など、


ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。


ぜひ

タク公式メールマガジン